News

インタースペースとクオント、サービス連携によりオンラインメディアのマネタイズ支援のパッケージングサービス「RevenueOne」を提供開始

デジタルマーケティング支援事業を展開するクオント株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:足立和久、以下クオント)はインターネット広告・メディア運営事業の株式会社インタースペース(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:河端伸一郎、証券コード:2122、以下インタースペース)と共同で記事メディアのマネタイズ支援を目的としたパッケージングサービス「RevenueOne」の提供を開始いたします。

 

コンテンツマーケティングシステム「Quant(クオント)」は、メディアのコンテンツメディアを活用したマーケティング効果を高める解析と支援を強みとして提供しております。2017年にインターネット広告・メディア運営事業の株式会社インタースペースとメディア支援および提供サービスの拡充を目的とした業務提携を行い、多くのメディアが保有するコンテンツを分析し、メディアの成果となる広告コンバージョンとコンテンツがどれだけ読まれたかの指標である読了率などのエンゲージメント指標の関係性を可視化し、コンテンツ価値の最大化の支援を多くのメディアに行っています。

 

SNSや動画が普及した昨今、急激に量的拡大を実現し多くのユーザーへのリーチが可能になったインターネット広告への注目が高まる反面、2018年以降のメディアトレンドとして改めて効果の可視化など、メディアの「質」議論への拡張に伴いマネタイズ手法の多様化が想定されます。また、米国の大手メディア等では既にアフィリエイト広告を含む様々な手法でのマネタイズが実現されています。

 

今回新たに、株式会社インタースペースのアクセストレードと連携することにより、メディア分析をベースにしたアフィリエイトとタイアップ広告販売支援において、以下の付加価値を記事メディアに提供して参ります

RevenueOne提供価値

①アフィリエイト広告による新たな収益元の発見とコンテンツ価値の最大化

  • メディアが保有する膨大なコンテンツから収益ポテンシャルの高いコンテンツの発見とマネタイズ導線の提供
  • メディア収益となるコンバージョンへのパス(経路)を可視化 など

 

②タイアップ広告の販売促進・継続発注を可能にする分析レポートの提供

  • 認知から購買までのファネル毎の態度変容を可視化
  • コンテンツ読了分析やユーザー属性分布の可視化による接触ユーザーの可視化など

 

今後、これらの分析データをもとに両社ではパートナーメディアのより良いコンテンツ制作支援を強化する取り組みをおこない、コンテンツマーケティングの質的向上に注力していきます。

 

【サービスに関するお問い合わせ先】クオント株式会社 事業企画部 小浦

Mail) revenueone-info@quant.jp

TEL) 03-6427-2091

URL) https://revenueone.jp/

■アクセストレードについて

http://www.accesstrade.ne.jp/

インタースペース(https://www.interspace.ne.jp/)はアフィリエイト(成果報酬型広告)事業者として10年以上の運用実績があります。アフィリエイトサービスサイト『アクセストレード』 は、広告登録数約6,000、アフィリエイトサイト登録数約45万サイトとなっております。このネットワークとアフィリエイトサービスの経験を最大限に活かし、アフィリエイト広告市場の拡大と発展に寄与してまいります。

■クオント株式会社について

クオント株式会社(https://quant.jp)は、クライアント企業のデジタルマーケティング支援を行うマーケティングテクノロジーカンパニーです。国内最大のフリーランスプラットフォーム・ランサーズのグループ企業として、マーケティングテクノロジーとクリエイターネットワークを融合し、高い付加価値の提供を通して、社会のエンパワーメントに尽力しています。

 

社名    クオント株式会社(https://quant.jp

所在地   東京都渋谷区渋谷2丁目22-3渋谷東口ビル11F

代表者   足立 和久

設立    2017年4月3日

事業内容  デジタルマーケティング支援、マーケティングシステム提供、

コンテンツ制作

■本リリースのお問合せ

クオント株式会社 広報担当

Mail) pr@quant.jp

TEL) 03-6427-2091

URL) https://quant.jp

 

 

Contact Us